つれづれなるままに・・・

ここでは特にテーマを絞らずにいろいろな話題(管理人の無謀な挑戦の記録)を掲載していきたいと思っています。


挑戦そのG 2011年は2連戦(その2)妙円寺詣りも参加!!

2011年、先週の薩摩ISHIN祭に続き甲冑歩きの第2戦目です。
宮崎から鹿児島へ移動する前日夜は高速道路が閉鎖になるくらいの豪雨で、鹿児島に到着したのは夜遅くでした。
その結果、例年の「いちにいさん」の黒豚しゃぶ(蕎麦汁)と焼酎にありつけませんでしたが(そのおかげで?)、例年ならば二日酔い気味の当日朝が、体調バッチリでした。
これまでの中で一番のペースで徳重神社に到着しました。
むむ、やはり前日に酒飲み過ぎるのは駄目だな・・・(笑)
徳重神社での、妙円寺詣りフェスティバルの詳しい様子は下の2005年の報告をご覧ください。

はじめに  「妙円寺詣りとは?」
その一    照国神社、鹿児島市内にて
その二    前半の行程
その三    チェスト館にて
その四    薩摩街道(旧道)を行く
その五    徳重神社に到着

挑戦そのF 2011年は2連戦(その1) 薩摩ISHIN祭に参加

2011年は甲冑歩き2連戦でした。
その第一弾は、薩摩ISHIN祭への参加です。
薩摩ISHIN祭とは、島津義弘(惟新公いしんこう)を顕彰する祭りで、
島津義弘の館が建っていた現在の鹿児島県姶良市加治木町を中心に行われる祭りです。
今回、大会主催者様のご好意によりお声がけを頂き、参加させていただきました。
当日はあいにくの雨でしたが、甲冑部隊は雨天強行!
雨の中を約15キロの強行軍を敢行し、精矛くわしほこ神社に詣りました。

薩摩ISHIN祭の様子

挑戦そのE 2010年の妙円寺詣りは豪雨で歩けませんでした(泣)

2010年、今年も甲冑抱えて参陣するも、あいにくの豪雨。
軽トラが、冠水した道路にハマりそうな位の豪雨(苦笑)!
甲冑は、雨にぬれたらシャレにならないので断念しました。
でも、3、4人組で雨の中を甲冑で歩いておられる方々を見ました!!
脱帽!!!佐土原衆、気合で負けました。
でも、甲冑の手入れが大変そう・・・
徳重神社での、妙円寺詣りフェスティバルの詳しい様子は下の2005年の報告をご覧ください。

はじめに  「妙円寺詣りとは?」
その一    徳重神社の惨状
その一    島津歳久(金吾さあ)の墓参り

挑戦そのD 2009年も妙円寺詣りに参加しました(甲冑で!!)

2009年、今年も25キロ歩いてきました。
今年の佐土原衆は従軍2人と車0人!!(笑)いやー、何とか甲冑は装備できましたが、運搬に苦労しました・・・
まさに、島津義弘が関ヶ原合戦前に、兄である島津義久に送った援軍要請の手紙の如し!!
手前無人てまえぶじんにて、何を申候もうしそうらえても、まかりなるまじくと迷惑この時に候』
<現代語訳>『私の元には軍勢が少なく、何をするにつけても問題が多く本当に困っています。』
徳重神社での、妙円寺詣りフェスティバルの詳しい様子は下の2005年の報告をご覧ください。

はじめに  「妙円寺詣りとは?」
その一    照国神社にて

日向守関ヶ原訪問記

現場主義(笑)の管理人としては、今年は関ヶ原(岐阜県関ヶ原町)にも行ってきました。
各武将の陣地跡に立って周囲を見渡すと、色々な感情や思惑がしみじみ伝わってくるような気がしました。
それにしても、この辺では島津豊久の人気が高い・・・
その一 黒田長政陣所跡
その二 石田三成陣所跡
その三 島津義弘陣所跡
その四 島津豊久の墓
その五 阿多長寿院盛淳の墓


挑戦そのC 2008年も妙円寺詣りに参加しました(ジャージで・・・)

2008年、今年も25キロ歩いてきました。が、
今年の佐土原衆は従軍1人と車2人!!(笑)いやー、社会人は都合が付かんことがありますわ・・・
まさに、島津義弘が関ヶ原合戦前に、兄である島津義久に送った援軍要請の手紙の如し!!
手前無人てまえぶじんにて、何を申候もうしそうらえても、まかりなるまじくと迷惑この時に候』
<現代語訳>『私の元には軍勢が少なく、何をするにつけても問題が多く本当に困っています。』
徳重神社での、妙円寺詣りフェスティバルの詳しい様子は下の2005年の報告をご覧ください。

はじめに  「妙円寺詣りとは?」
その一    「ひとり出陣式」
その二    「照国神社にていざ出発」
その三    「水上坂はジャージだと楽々だった」

挑戦そのB 2007年も妙円寺詣りに参加しました

2007年も甲冑装備で25キロ歩いてきました。
今年の佐土原衆は従軍4人と車2人の大軍勢でした!!(笑)
徳重神社での、妙円寺詣りフェスティバルの詳しい様子は下の2005年の報告をご覧ください。

はじめに  「妙円寺詣りとは?」
その一    「いつもの出陣式」
その二    「照国神社にていざ出発」
その三    「水上坂を超えて一行は黙々と進んだ・・・」

日向守松江城訪問記

松江城(島根県松江市)に行ってきました。
さすがに約20万石の大名の居城だけあって、なかなかのものでした。
ちなみに築城したのは「功名が辻」にも出ていた、堀尾吉晴ほりおよしはる(茂助)もすけ→生瀬勝久さんが演じていたあの武将です。
また、歴代の城主には、茶人として有名な松平不昧まつだいらふまい公などがいます。
佐土原の人間にしてみると、城が残っているのはうらやましい限りです・・・
その一 雪の松江城下
その二 松江城内
その三 松江城本丸
その四 松江神社


挑戦そのA 2006年は「佐土原城歴史保存会」として妙円寺詣りに参加

2006年。今年も鹿児島では妙円寺詣りが行われました。
今年は、ただ25キロ歩くだけではなく、
甲冑装備で25キロ歩いてきました。
しかも今年は、佐土原衆は4人の大軍勢でした!!(笑)
徳重神社での、妙円寺詣りフェスティバルの詳しい様子は下の2005年の報告をご覧ください。

はじめに  「妙円寺詣りとは?」
その一    「厳かに出陣式」
その二    「照国神社にていざ出発」
その三    「水上坂を超えて一行は進む」
その四    「妙円寺に到着」

挑戦その@ 2005年 妙円寺詣りに挑戦

2005年。今年も鹿児島では妙円寺詣りが行われました。
今年は見るだけではなく、ちゃんと20キロ歩いてきました。
案の定、佐土原からの参加者には出会えませんでしたが・・・(笑)
その時の様子をまとめました。
伝統文化の行事を行う上でのノウハウが非常に勉強になりました。

その一    「一念発起」
その二    「悪ノリの企て」
その三    「速報」
その四    「妙円寺詣りの道中記@」
その五    「妙円寺詣りの道中記A」
その六    「妙円寺詣りの道中記B」
その七    「妙円寺詣りの道中記C」
その八    「伊作太鼓踊り」
その九    「徳重大ばら太鼓踊り」
その十    「伊集院町大田太鼓踊り/伊集院太鼓」
その十一 「薬丸示現流@」
その十二 「薬丸示現流A」
その十三 「武者行列@」
その十四 「武者行列Aと管理人の総括」

次回予告 殿様のネリクリ、農民のネリクリ

江戸時代、佐土原城の殿様に、農民の貧しさを知ってもらおうとネリクリを食べてもらうことを進言した家臣がいました。
早速厨房に命じて作らせたところ、殿様の前に出されたネリクリは、何と「超豪華版ネリクリ」でした!!
殿様はこれを食べて一言、「農民はこんな美味いものをいつも食べているのか?!」
家臣はもくろみが外れて「・・・」
結局、殿様には農民の貧しさは伝わらなかったという逸話です。
この、殿様のネリクリと農民のネリクリを実際に再現して作って、食べてみようと思っています。
(どちらも今のネリクリとは違うようです)
請う御期待!!

佐土原城 遠侍間 佐土原城 遠侍間 リンク

佐土原城 遠侍間